子宮がん検診

「子宮ガンなんて、自分には関係ない」と、思っていませんか? 子宮頸ガンの発症のピークは、20才代~30才代です。若いヒトに発症が多い理由は、子宮頸ガンの主な原因がHPV(ヒトパピローマウイルス)感染だからです。HPVは主に性交渉で感染しますので、性交渉経験者は「子宮頸がん検診」もしくは「HPVテスト」が有用と言えます。 なぜ、若年者にこそ「子宮頸がん検診」が必要なのでしょう。 それは、早期発見・早期治療で子宮を温存でき、妊娠・出産が可能になりますし、命の危険を伴わず治癒できるからなのです。病変細胞が「ガン化」するまでに10年以上かかると言われています。 30才代で見つかった子宮ガンの芽は、20才代で発生していると言うことですから、「20才になったらがん検診」は、けっして早すぎる訳ではないのです。   女性特有のガンは、産婦人科領域では「子宮頸ガン」「子宮体ガン」「卵巣ガン」に大別されますが、「子宮体ガン」は増加傾向ですし、「卵巣ガン」は進行例で発見される例が多く、予後も不良なことから、早期発見が重要です。 自治体から発行される「検診クーポン」の対象は頸がん検診だけですが、子宮体部・卵巣の、同時検診が1度の来院で済みますのでお勧めです。 定期的な検診で、女性のガンが1日でも早く発見でき、ガンで亡くなる人がゼロになる、そんな未来の一助になれれば幸いと考えます。 がん検診についての詳細は、当院スタッフにお聞き下さい。 国立がんセンターがん対策情報センター「がん情報サービス」

HPVテスト

子宮筋腫や子宮内膜症・内分泌異常・血液凝固異常などによる過多月経に対して、子宮専用のマイクロ波装置で凝固させる治療法です。

安全性、簡便性、経済効果、治療効果を兼ねた有用性はQuality of life(生活の質)向上に大変有効な方法として国内外に高く評価されています。

子宮温存することで、sexualityの面においても「女性の真の気持ち」を大事にした治療法と考えます。

不妊相談

<不妊とは?>
日本では、慣例的に結婚後2年で妊娠しない場合を「不妊」としています。ですが、20代と30代では妊娠しやすさは違います。 全ての年齢で、2年ととらえずに、心配な方は早めにご相談下さい。 不妊の要素として、年齢がありますが、女性は年齢が上がると妊娠する確率が低下します。また、月経不順、婦人科手術歴等も不妊要素となりますので早めに相談された方がいいかもしれません。

<原因の特定>
まず、なぜ不妊なのかを調べます。調べるには、いくつかの検査を順に行います。例をあげますと、血中ホルモン検査、子宮卵管造影検査、超音波検査、クラミジア感染検査、精液検査などです。

<原因の種類と対処>

卵子が無い 卵子は、生まれた時に数が決まっています。全て排卵してしまうと妊娠できません。
排卵が無い 内服薬やホルモン剤注射で排卵を起こさせます。
排卵があるが、
卵管内をうまく移動出来ない
卵管造影検査をすると、通りが良くなる事があります。
卵子の質が悪い 卵子を採取し直に観察すると判明しますが、妊娠は難しいです。
精子と子宮の相性が悪い 子宮が精子を妨げるような反応をします。なかなか妊娠の難しいケースです。
受精卵が着床しない 受精した卵子が育たないのは子宮に原因がありますので、子宮内膜症や子宮筋腫が原因のケースが多いですが、検査によって原因を特定し治療します。
精子の状態が悪い 世界的に増加しています、環境ホルモンやダイオキシン等が原因ではないかと言われていますが、因果関係ははっきりしていません。具体的には、精子の数が少ない、奇形精子が多い、運動性が乏しい、等のケースがありますが、精子の状態を改善する内服薬で治療します。

<当院で出来る治療方法>

排卵誘発法 内服薬、ホルモン剤注射等で排卵を誘発します。
発育補助法 内服薬、ホルモン剤注射で受精卵の着床と発育を助けます。
子宮内膜症治療 内服薬、点鼻薬、皮下注射(月1回)数ヶ月治療します。
子宮筋腫 子宮内膜症薬と同じ薬剤で治療するか、手術ですが妊娠前の手術はとても慎重に検討する事になります。
卵管障害 造影検査で通る事もありますが、手術が適応になるケースもありますがとても慎重に検討する事になります。
子宮内精子注入 状態の良い精子をタイミングをみて子宮内に注入する方法です。
タイミング法指導 排卵に合わせて、性生活を行い出来るだけ受精しやすくする方法です。
男性不妊 精巣の血流を増やし、精子の状態を改善する内服薬(錠剤、漢方)を数ヶ月服用します。

<当院で出来ない治療方法>
男性不妊で泌尿器科治療が必要なケース ご希望の、泌尿器科を御紹介し治療して頂きます。
体外受精 ご希望の、体外受精医療機関を御紹介し治療して頂きます。

家族計画相談(避妊相談)

避妊方法には何種類か選択肢があります。それぞれに特徴がありますので、個人個人にあった方法を、ご相談下さい。以下に、簡単にご紹介致します。

<経口避妊薬>
現在のところ、ピル(経口避妊薬)が最も確実で安全な方法です。最近、ホルモン剤付加IUD、銅付加IUD(IUD欄ご参照下さい)が発売されましたが、比較データが出るには数年後だと思われますので、現状ではピルを最も確実な方法として御紹介致します。

  1. 諸外国では、最も一般的な避妊方法です。
  2. 正しく服用していれば、避妊効果はほぼ100%です。
  3. 6ヶ月毎の検診をお受けになっていれば、副作用のご心配はいりません。
  4. 副効用として卵巣癌や子宮体癌の予防効果があり、また、月経痛を和らげたり月経量を減少させる効果もあります。

<IUD(リング)>

  1. 子宮内に軟プラスチックのIUDを挿入する方法です。
  2. 一度、医療機関で挿入するだけで毎日薬を飲んだり、コンドームの様に性交の度に使用しなくても大丈夫です。
  3. 通常のIUDでは、避妊効果は100%ではありません。可能性は1年間で3%~4%と言われていますが、銅付加IUDでは、更に少なくなり、ホルモン剤付加IUDでは、更に少なくなり、1年間で0.2%くらいと言われています。
  4. 副作用は、感染・不正出血・生理痛・生理時の出血量増加・生理の期間延長、などの可能性があります。
  5. 時に、自然にIUDが脱出し、それに気付かず、ご妊娠される事があります。挿入後は、1年毎に検診を受けて正しい位置にIUDが挿入されている事を確認する必要があります。
  6. 出産経験のない方、子宮筋腫などのために子宮が変形している方、生理量の多い方、などには不向きです。
  7. 挿入時期は、生理が始まってから10日以内です。生理中でも問題有りません。生理後性生活の無かった場合は、もう少しずらしても結構です。
  8. 妊娠希望の場合、いつでも取り出す事が出来ます。
  9. 使用期限は、通常IUDが1年~2年、銅付加IUDとホルモン剤付加IUDは5年となっています。

<コンドーム>

  1. 性病予防具として開発されたため、外国の家庭ではほとんど使用されていませんでしたが、エイズや他の性行為感染症の流行とともに最近外国での利用者が増加しています。
  2. コンドームだけですと、1年間の妊娠率は14%~15%です。
  3. 避妊効果を上げるためには、性交の初めから確実に装着すること、射精後 直ちに取り外すことが大切です。同様に、性病を予防するためにも性交の初めから装着することが大切です。
  4. 男性に射精感が無くても、妊娠可能な精子は放出されていますので射精直前の装着は無効とお考え下さい。

<基礎体温法>

  1. 婦人体温計を用いて、毎朝目が覚めてから離床の間に5分間、舌下で測定し記録します。
  2. 低温期最終日の翌日より数えて4日目から生理日までを安全日とします。
  3. 生理中も含め、生理直後でも安全日ではないことにご留意下さい。
  4. 安全日は、1ヶ月の間に10日間だけです、安全日以外は他の避妊方法が必要とご認識下さい。
  5. 基礎体温(1)が階段状に上昇し低温相と高温相の境界が不明瞭な方には不向きです。

<性交後避妊>
緊急避妊法と言います。避妊をしないで性交があった場合、あるいは、避妊をしていたが性交時に失敗してしまった場合、等のケースでも、行為後72時間以内であれば手術でなく、内服薬で避妊が可能です。

<膣外射精>
男性に射精感がなくても相当数の精子が放出されていると、ご認識下さい。そのため、全く避妊効果はありません。

漢方相談

漢方薬は、生薬のエキスを様々な配分で配合した「漢方エキス製剤」を用います。

医療機関の漢方エキス製剤は、健康保険の適応ですので安価で治療を受ける事が出来ます。漢方治療の場合、同じ病気でも選択する処方が変わります。例えば、女性に多い病態として「冷え性」「月経困難症」「不眠症」等がありますが、体質や症状によって、「冷え性」では12種類、「月経困難症」では10種類、「不眠症」では12種類も選択肢があると言われています。ニキビ・便秘・胃腸虚弱・腰痛・関節痛・肩こり、などは漢方治療の得意分野です。

当院では、80種類以上の漢方製剤を取り揃え、一人一人の病態に細かく合わせ最適な治療をして頂きたいと考えています。

今まで、西洋薬(錠剤等)でなかなか改善の見られなかった病状でお困りの方は漢方治療をご相談下さい。

婦人科領域美容形成

「性器に関する悩み」はなかなか産婦人科で相談できず、「美容整形」「美容形成」と言った医療機関でご相談される方が多いことと思います。 しかし、術後のトラブル・不満を避けるうえで、婦人科領域の外性器手術は「産婦人科専門医」の知識とスキルが必要となります。 当院では、人にはなかなか相談出来ない「性器に関する悩みのご相談」に応じ、その後「形成手術」にも対応致します。

<当院で出来る治療方法>
形成手術の種類と費用目安

相談診察料(3,000円) 問診+内診
術前検査(5,000円)  
膣壁形成術(200,000円) 膣収縮の改善(性生活の改善 、コンプレックスの解消)
小陰唇縮小術(140,000円) 本来膣口を保護する為の部位です。むやみに小さくするのではなく、医学的に適正な形成をご提案します。(コンプレックスの解消、性生活の改善、下着に擦れ痛くて思春期のスポーツの障害になることもあります)
陰核包茎切開術(80,000円) 易陰核周囲炎の改善、性生活の改善
処女膜再生術(70,000円) 破れた処女膜を再生します。
処女膜切開術(50,000円) 痛くて性生活の困難なケースの解消(保険適応もあり)

※個室料等のプレミアムコストは別途
※病的なケースを除き自費診療となりますのでご注意下さい。
※金額表示は全て税抜きです。

PAGETOP