無痛分娩

当院では帝王切開例を除く全妊婦さんの9割以上の方が脊硬麻併用法(CSE)による無痛分娩でお産されています。

合併症が無く、分娩が正常に経過している場合には、陣痛が赤ちゃんに影響を及ぼす事はなく、多くの場合は自然分娩が可能で、一般によく知られている呼吸法などでも、ある程度は痛みを軽減出来ます。 しかし、分娩に対する不安感・恐怖感・陣痛に伴う痛みといったストレスが、かえって分娩の進行を遅らせたり、場合によってはパニック状態となって、あなたと赤ちゃんに悪影響を及ぼす事があります。 従って分娩時の痛みを適切に除去する事は、安全な分娩を行うための一つの方法であると考えられます。 何らかの合併症(高血圧症・心疾患・糖尿病など)がある場合には、医学的適応からむしろ積極的に無痛分娩を選択する必要が有ります。 骨盤位(さかご)や双胎(ふたご)などの分娩や、骨盤の大きさが充分でないために「緊急帝王切開」となる可能性が高い時なども無痛分娩が適応となります。 無痛分娩の経過途中であれば、麻酔薬の内容を少し変更するのみで、直ちに帝王切開に移行することも出来ます。 当院では緊急の場合には、10分前後で赤ちゃんを娩出させる事が可能です。(幸いにもそれほど緊急であった経験は有りません)

陣痛が開始し分娩が安定すれば無痛分娩が可能になります。実際に無痛処置を行うタイミングはあなた自身が決めます。 最後まで希望せずにそのまま分娩に至れば、無痛分娩は自動的にキャンセルとなります。希望が有れば無痛処置を開始します。 いつでも可能で、時間・曜日などは一切問いません。先ず背中に局所麻酔の注射をします。 次に細い針を挿入し脊髄腔に麻酔薬を注入します。チューブを硬膜外腔という狭い空間に留置し処置を終えます。 処置に掛かる時間は通常数分で、痛みも殆ど有りません。処置後直ちに陣痛の痛みは消失し、陣痛が腹筋程度に感じるようになります。 歩行も可能ですが当院では看護師が付き添います。1~2時間後に脊髄麻酔の効果が弱まる前に留置してあるチューブから持続硬膜外麻酔を開始します。 子宮口が全開し赤ちゃんの頭が充分下降したら通常の分娩と同じように、ご自分で「いきみ」を行い出産します。 この際分娩を助ける為にソフト吸引カップを用いて娩出を誘導する事があります。 この方法は赤ちゃんに薬が移行しないため、赤ちゃんに影響が無く、薬を使用した無痛分娩としては、最も安全な方法であることが広く認められております。

無痛分娩で最も多い副作用は血圧低下です。その予防の為に麻酔前に必ず点滴を行います。次に多い副作用は硬膜を傷つけた為に起こる頭痛が有ります。 何も治療しなければ数日間持続する可能性が有ります。 更に硬膜を傷つけた事に気づかずに、多量の麻酔薬を注入すれば麻酔範囲が広がり呼吸障害が起こる事も考えられます。 当院では開院以来9000例を超える無痛分娩を行っており、院長は1万例以上の経験が有ります。 当院内の統計では低血圧と一過性の頭痛が約1%(年間2~3例)、数日間持続する頭痛は殆ど無く、呼吸麻痺とアレルギー反応はまだ有りません。 ただし、如何なる副作用が出現しても適切な対処が早急に行われるよう準備を整えた上で処置を行います。

MEA

MEAとはMicrowaveEndometrialAblation療法の事です。

子宮筋腫や子宮内膜症・内分泌異常・血液凝固異常などによる過多月経に対して、子宮専用のマイクロ波装置で凝固させる治療法です。

安全性、簡便性、経済効果、治療効果を兼ねた有用性はQuality of life(生活の質)向上に大変有効な方法として国内外に高く評価されています。
子宮温存することで、sexualityの面においても「女性の真の気持ち」を大事にした治療法と考えます。

<MEA法が適している場合>

・過多月経のため、貧血になりやすいが手術はしたくない方 
・保存的治療(ホルモン剤・漢方薬など)では完全には治らない方
・副作用などのため、薬を継続できない方

<MEA法が適していない場合>

・子宮筋腫や子宮内膜症があるが、出血より疼痛が強い方
・妊娠を希望している方

<MEA法と手術(子宮全摘術・筋腫核出術)の比較>

・MEA法は1泊2日程の入院で退院後は速やかに通常の生活が可能です。
 手術の場合は、7~10日間程の入院と退院後2~3週間程の自宅療養が必要です。
・MEA法は、開腹しないため術後の疼痛はほとんどありません。
・MEA法は先進医療の為、従来自費診療でしたが、健康保険適用となり利用しやすくなりました。
 また、MEA施行後は疼痛・出血等に対する医療費も大幅に節約出来ます。
自治体がん検診

子宮頸がん検診が、20歳から5歳きざみの「クーポン検診」に加え、20歳以上で偶数歳の方が対象となる「個別検診」も検診可能となりました。 受診希望の方は、「クーポン」もしくは「検診受診票」を忘れずご持参下さい。

受診時には、予約の電話(0120-79-1377)をいただくと待ち時間少なく検診できます。

また、検診期間の終わりの頃は混み合う傾向がありますので、早めの受診がお奨めです。

子宮がん検診の詳細はこちら

LLLT(低反応レベルレーザー治療法)

医療分野でのレーザーの利用については、高いエネルギーのレーザーにより、組織を切ったり破壊させたりするHLLT(高反応レベルレーザー治療)がよく知られているところですが、低いエネルギーのレーザーは、細胞の賦活化・末梢血流の増加・疼痛の緩和等の作用が認められており、治療分野での幅広い応用が可能です。

治療に用いる「低反応レベルレーザー」は、レーザー光を直径約1.5cm程の円状にパルス照射する事で、より深部までレーザー光を伝達させる様に工夫されています。 当院では、LLLTを以下の様な診療に用いています。

1) レーザー不妊治療

レーザーを東洋医学で言う「つぼ」に照射し、体全体・下半身・腹部・卵巣・等々、血流改善をすることで卵巣機能・子宮機能を賦活化させ、不妊治療の成功率を高めようとする考え方です。
不妊治療の選択肢の一つとして、今後注目される治療法だと考えます。

2) 母乳分泌促進

熟練を要する母乳ケアは、往々にして痛みを伴います。また、母乳が出ない等の理由で母乳育児を諦めるお母さんも散見されます。
乳房に対し、レーザーを幾度かに分け、数分照射する事で、副作用もなく良好な乳汁分泌を促す事が出来ます。
また、既に分泌している母乳量を増加させる効果もあります。

3) 創部治癒促進

お産では、帝王切開・会陰切開・会陰裂傷になる事があります。
これらケースの縫合後、創部にレーザー照射する事で、創部の治癒促進・疼痛緩和効果の他、創が綺麗に治る効用もあります。
会陰部が創とならないケースでも、会陰部痛は多く発生します。この場合でもレーザー照射は有効です。

4) 腰痛関節痛

約1年間の妊娠期には、体重増加・運動不足等による腰痛、関節痛などが発生する事が多いものです。
レーザー治療は、整形外科でも汎用されている治療法の一つです、上記の様な整形領域の痛みの改善には、副作用も無く、非常に効果が見込める治療法です。

PAGETOP